インスタ投稿は、写真に文字入れで集客効果が倍増。「Phonto」アプリを使おう。

SNS集客

飲食店や美容室などは、インスタ活用が集客には必須となりました。
ここで、いつも「もったいないな」と思うのは、

このお店かわいい!だけど、どこにあるんだろう?

と思う投稿が多いということです。

多くの人は、写真や動画だけ見て、キャプション(文章欄)は見ません。
キャプションを読む人は、1割か2割。
相当興味をもった人だけです。

だから、写真の中だけで必要な情報を得られるようにすることが必須

 

今回のテーマは、

インスタ投稿は、写真に文字入れで、集客効果が倍増。「Phonto」アプリを使おう。

です。

文字入れアプリであれば、何でもいいんですが、
私みたいなセンスがないヘタクソな人でもそれなりに見える文字入れが、
「Phonto」です。

スクショ画面

この赤いアプリです。

無料でここまで使えるのって、とても便利です。

そもそも、なぜ写真に文字をいれないといけないのでしょうか?

インスタ写真に文字入れをする理由

こちらの写真をご覧ください。

この投稿を見て、

あ、このカフェすてき。行きたいな

と思っても、
どこにあるのかわからないので、「今度調べよう」で、もうすっかり忘れちゃうんですよね。

でも、この写真に文字を入れるだけで、

埼玉県朝霞市にあるcafeCOZYっていうのね

朝霞に住んでる人であればすぐに行けるし、
何かの機会に朝霞市に行った時に思い出すかもしれない。

PRって、一瞬見られるだけでも意外に記憶に残ってたりして、
しっかりPRになるんですよ。

だから、ストーリーズに何度も上げて、存在を思い出してもらいやすくするとか、
結構大事なことなんですよね。

キャプションにある長い文章は読まないけど、
写真に書いてある文字って意外と「見る」んですよね。

だから、写真にワンポイントの文字入れるのとかって大事なんです。

お店のマークがある人は、お店のマークを入れてもいいですね。

 

自由自在に文字入れできる「Phonto」がオススメ

文字入れできるアプリは数あれど、今の私にはこれが一番簡単だった。

こんな感じや

こんな感じ

曲げることもできたり。

反対に曲げることもできます。

フォントも簡単に変えられます。

日本語フォント、無料でこんなにたくさんあるんです。

一度やりだしたらハマります。

このアプリ、私が知ったのは、約10年前。
YouTuberになろうと思って(笑)
iMovie講座で、教えてもらったんです。

背景を白にするプレーンな画像から、文字を入れたりできるので、
自由度が高い。
テレビのテロップ風にもできちゃいます。

インスタの店舗アカウントを運用している方は、是非活用してみてくださいね。

 

この記事を書いた人

日本一優しいSNS運用サポート、日本一優しいSNS活用教室。SNS運用ディレクション。SNS運用サポート歴10年。メルマガは5年読まれ続けてます。
2017年度文部科学省プロジェクト「次世代インターネット中核人材の養成」で、SNS講師を担当。個人、企業、公共施設、学校、さまざまな場所で、ユーザー目線のSNS活用をお届けしています。
コンサルは年間延べ400人!
市役所、学校、チェーン店研修から個人事務所、飲食店、個人事業主まで様々な方へSNS運用アドバイスをしています。

小島 みどりをフォローする

インスタ、twitter、facebook、LINE@(LINE公式アカウント)、YouTubeなどの活用サポート、運用サポートをしています。

お問い合わせは、LINEからトークでお気軽にどうぞ。
友だち追加

SNSマーケティング日記→ https://note.com/wnpsmidori

メルマガはこちらをチェック!!

【ダウンロード無料】SNS運用シートで習慣化
インスタ投稿は、写真に文字入れで集客効果が倍増。「Phonto」アプリを使おう。
インスタ集客、twitter集客、facebook集客、LINE集客。SNS集客をはじめるなら、SNS活用教室。
SNS集客に向いてるSNSはどれ?
インスタ・ツイッターで集客のためのSNS活用を始める前に確認しておきたいこと

コメント

タイトルとURLをコピーしました